補助金でいざという時のために備える

磐田市で太陽光を推進しているキタイ電気、クミエです。

いよいよ台風シーズン到来ですね。

昨年、私たちの住む西武地方では台風による停電が2〜3日続き、
断水も発生しました。

 

磐田市で3日間停電になって困ったこと2018.09

 

こんな体験をしたことがなかったので、
大変驚き、あたりまえのようにある電気や
お水に感謝が生まれました。

この経験から、私たちはエネルギーの自給自足や
補助金を活用した蓄電池の導入を加速させなければいけない!と
主に介護施設への取り組みをはじめました。

避難所へ行けないなら介護者に情報と灯りを


私たちのお客様でグループホームを営むオーナー様が
いらっしゃいます。

私たちは施設の建設当時からお世話になっており、
オーナーさまはとてもフレンドリーに気軽に
電気のことなどをご相談くださいます。

そして、いざという時の為の備えにしたいと
屋根に太陽光発電を設置しようかとお話ししているときに
台風28号が私たちの磐田市を襲いました。

 

 

発電機を使うのも大雨の中、いつ入れたかわからないガソリンで
不安だったそうです。

入居者様の安全が第一!避難所へ逃げることもできない。
ここで、安心して情報と灯りが取れる設備が必要だと
強く感じたそうです。

国の補助金を活用して停電に備えた安全な施設に

 

令和元年の夏も各地でゲリラ豪雨や突風、
激しい雷が発生しています。

停電が発生したり、大雨で避難が困難な時にも
なるべくご自宅で安全に過ごせるって
大切ですよね。

電気のことは地元密着の電気工事店にご相談ください。
最大で蓄電池の価格の1/3や工事費の2/3が補助されます。

すでに浜松市内、磐田市内の複数の介護施設から
複数ご依頼いただいております。

ご興味のある方はお早めにこちらからお問い合わせください。