【震災から8年】FUKUSHIMAの被災はまだ続いていた

磐田市で太陽光発電を推進しているキタイ電気、クミエです。

先日、新エネルギー革命会の皆さんと、
2011年3月11日、東日本大震災の津波で大きな被害を受けた
福島県浪江町や福島第一原発から20km圏内を訪れました。

お世話になっている新エネルギー革命会のみなさん。
遠方から空路、新幹線でいらしています。

まだ震災は終わっていなかった

復興省が役目を終え閉鎖される予定だとニュースで報道されたり、
東京オリンピック招致のスピーチでは「under control」と首相が
おっしゃっておりましたが。。。

現実はとてもとても。
報道されている情報とは違っておりました。

「どうしようもない」
そんな言葉がなんども出てくるほど、
現状は深刻。

健康被害が子供や弱者に容赦なく降りかかり、
一つの症状としては、甲状腺の病気が異常に多く
発症してしまっている現実を私たちは全く知りませんでした。

依然として、プレコンバックと呼ばれる汚染土の入った真っ黒な袋があちらこちらに置かれている光景が広がる20km圏内。
8年がたち、老朽化で破れたのか、袋から出してはまたシートで覆う
作業があちらこちらでみられました。

一時的に保管されるはずの農地にプレコンバックは何年も置かれ、
その農地は転用されることもなく、また農地として活用できるのでしょうか。。。

 

ガイドさんはもと漁師さん

今回、福島第一原発20km圏内ツアーをご案内人くださったのは、
特定非営利活動法人野馬土、元漁師の志賀さんでした。

志賀さんは、ご高齢にもかかわらず、10時〜14時まで約4時間立ったまま。
真剣に福島の現実を私たちに教えてくださいました。

「伝えること」「語りつぐこと」
それが重要だと繰り返して訴えて
いらっしゃいました。

物語が語り継がれますように。。。

福島県浪江町請戸小学校の奇跡をご存知ですか?

海岸線から直線距離でわずか300mほどの海岸に面したこの小学校で
卒業式の練習をしていた生徒と先生方は、奇跡的に津波から逃げきることができたそうです。

見えにくいかもしれませんが、
窓ガラスに残る白い汚れから恐ろしい高さで津波が襲ってきたことが
分かります。

学校へ来た保護者へ、子供の引き渡しを拒否してまで避難を優先させた、
校長先生の判断、そして途中で道が阻まれてしまった時に
獣道を案内した生徒の勇気ある行動により、
この大平山へたどり着き、ぎりぎり津波の被害を避けられたそうです。

私たちはバスで移動したのですが、5分ほどかかりました。

この道のりを先生と生徒たちは、車椅子の子を背負い
上級生が下級生の手を引き、助け合い一目散にこの丘をめざしたそうです。

ツアーの参加者の電気工事店さんが教えてくれました。

「以前、この近くにすんでいたことがあってね。」
「ここは、ごく普通に建物があった街だったんだよ。」
「今は建物だけでなく人もいなくなってしまった。」

この丘に被災された住民182名お名前とこの地で起きたことが刻まれていました。

”私たちは、災害は再び必ずやってくることをわすれてはならない”

これは、地震大国日本に住むすべての人々へ
向けられた言葉です。

避難解除されても帰れないのは理由がある

これは街のあちらこちらに設置されている計測機器です。
この赤い字で記されている値とは全く違った数値を目の当たりにしました。

 

仮設住宅が閉鎖され、現在は復興住宅へ移住された被災者のみなさん。

横のつながりがなくなり、外へ出ることが
極端に減ってしまったお年寄りも多いそうです。

元気がなくなり、心が疲れてしまい、誰にも相談できず
悩んでいる方もいらっしゃるそうです。

震災は今もまだ続いている。

これは、私たちが目を背けてはいけない現実でした。

補助金でいざという時のために備える

磐田市で太陽光を推進しているキタイ電気、クミエです。

いよいよ台風シーズン到来ですね。

昨年、私たちの住む西武地方では台風による停電が2〜3日続き、
断水も発生しました。

 

磐田市で3日間停電になって困ったこと2018.09

 

こんな体験をしたことがなかったので、
大変驚き、あたりまえのようにある電気や
お水に感謝が生まれました。

この経験から、私たちはエネルギーの自給自足や
補助金を活用した蓄電池の導入を加速させなければいけない!と
主に介護施設への取り組みをはじめました。

避難所へ行けないなら介護者に情報と灯りを


私たちのお客様でグループホームを営むオーナー様が
いらっしゃいます。

私たちは施設の建設当時からお世話になっており、
オーナーさまはとてもフレンドリーに気軽に
電気のことなどをご相談くださいます。

そして、いざという時の為の備えにしたいと
屋根に太陽光発電を設置しようかとお話ししているときに
台風28号が私たちの磐田市を襲いました。

 

 

発電機を使うのも大雨の中、いつ入れたかわからないガソリンで
不安だったそうです。

入居者様の安全が第一!避難所へ逃げることもできない。
ここで、安心して情報と灯りが取れる設備が必要だと
強く感じたそうです。

国の補助金を活用して停電に備えた安全な施設に

 

令和元年の夏も各地でゲリラ豪雨や突風、
激しい雷が発生しています。

停電が発生したり、大雨で避難が困難な時にも
なるべくご自宅で安全に過ごせるって
大切ですよね。

電気のことは地元密着の電気工事店にご相談ください。
最大で蓄電池の価格の1/3や工事費の2/3が補助されます。

すでに浜松市内、磐田市内の複数の介護施設から
複数ご依頼いただいております。

ご興味のある方はお早めにこちらからお問い合わせください。

 

ソーラーシェアリング推進連盟の1周年記念イベントに参加


磐田市で太陽光発電を推進しているキタイ電気、クミエです。

磐田市は梅雨に入り、しとしと雨が続いております。

こんな時期、畑や田んぼは、草は生えるし、ほっておいて
育つわけではない。
農業って本当に大変なお仕事ですよね。

農家さん、ありがとうございます。

そんな日々自然農法を推進している農家さんから
国の中枢で戦う方々まで。

幅広く集まる、ソーラーシェアリング推進連盟
1周年記念イベントに参加してきました。

その様子はこちら↓

今日は渋谷のLOFT9で、ソーラーシェアリング推進連盟1周年記念シンポジウムでした。環境省・農林水産省・資源エネルギー庁からの来賓講演、実践者の方々のプレゼン、徳江さん・Yaeさん・大石さん・吉原さんと馬上のトークセッションなど、濃密な…

Takeshi Magamiさんの投稿 2019年6月6日木曜日

https://www.chiba-eco.co.jp/?p=2436

おしゃれなライブハウスが会場なので、
間違えたかと思ってうろうろしてしまいました。

普段は会議室や展示場での発表なので、
こんな素敵なライブハウスでのお仕事はルンルンです♪

まずは、ご来賓の方々のご挨拶から。
環境省、農林水産省、経済産業省資源エネルギー庁の
方々の基調講演。

 

 

各省庁から注目されているソーラーシェアリングは
これからの農業のスタンダートになるのでしょう。

 

韓国でも、2023年までに3.2GWの営農型太陽光発電
(ソーラーシェアリング)の導入目標が掲げられました。

私たち日本のソーラーシェアリングの導入目標は
発表されておりません。ただ、

パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略

では、営農型太陽光発電について次のように触れられていました。

地域が主体となった導入により地域コミュニティの維持強化にも資する

これは、私たち地域密着の電気工事店の出番です♪

全国から集まった成功事例

 

すでに営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)を導入し、
太陽光を農業と発電で分け合う成功事例がいくつか発表されました。

実際のところ、農業のお財布事情は私たちには見えません。

実際に農家さんのお話をお聞きし、
懸命に働き、収入がそれに見合わない。
そんな現状があることを学びました。

こちらの農家さん、毎年40万円ほど年金などから
補填し、農業を続けてきたそうです。

広大な農地の一部にソーラーシェアリングを設置したことで、
バランスがよくなり、健全な事業運営ができるようになったと
お話くださいました。

また、千葉県匝瑳市のソーラーシェアリングの事例は
夢が広がるプランでした。

地域とつながることで雇用がうまれ、
自治会の災害対策や子供たちのエネルギー教育の場として
活用されていました。

 

最後にトークセッション形式でYaeさんが登場!

 

農業に対する熱い思いを語ってくださいました。

 

とにかく美しいだけでなく、気持ちのいいお方。
こだわり抜いた農法で大切に育てているお野菜を
私も頂いてみたいなぁ。

盛り上がったのでそのままの流れで、
城南信用金庫の元顧問、吉原理事、
みんな電力の大石社長、千葉エコ代表で
シェアリング推進連盟代表理事の馬上さんが
合流され、もう面白すぎるディスカッションとなりました。

懇親会でとても優しい  Yaeさんと一緒に。

徳島から吉村さんもいらしていました。(暗くてごめんなさい)

地産地消のエネルギーで循環する地域社会を形成する
こんな素晴らしい考え方を応援していきます。

私たちの地元磐田市でもこんな素晴らしいプロジェクトを、
SDGs持続可能な社会のための活動を推進していきたいですね。

 

 

 

磐田市でもソーラーシェアリングが地域防災に貢献

磐田市で太陽光発電を推進しているキタイ電気、クミエです。

日本有数の日照時間を誇る磐田市で、
『ソーラーシェアリング』に取り組む
スマートブルーさんと農家さんを突撃しました。

ソーラーシェアリングって、その辺にある
太陽光発電と何がちがうの??と
疑問に思った方、ぜひ最後までお付き合い下さいませ。

 

 

ご一緒したのは川崎さん
FBにもこの様子がアップされておりました。

 

昨日、地元のキタイ電気の久美絵さんと磐田市で実際行なっているソーラーシェアリングを見学に行きました。2017年COP23で、世界の資本が再エネへの投資に向かうことになり、もはや「化石燃料や原子力に投資しない」のが世界の潮流となった。ソー…

川崎 和子さんの投稿 2019年6月25日火曜日

 

川崎さんは元市議で、私たち市民の小さな声にも
耳を傾けてくださるとても素晴らしいお方です。

そんな川崎さんと、1年前からソーラーシェアリングで
ブルーベリーと榊を育てていらっしゃる農家さんを
たずねました。

農地のまま活用するのがソーラーシェアリング

 

一般的な太陽光発電設備は、地目が雑種地や宅地、一部の山林に
設置されます。

ソーラーシェアリングは、農地を農地のまま活用し、
その上の太陽光発電設備で発電し、農業と売電収入で
暮らしを支えるシステムです。

詳しくはこちらをごらんください。

 

「ソーラーシェアリング」畑の上の太陽光発電の生みの親 長島彬に聞く『エネルギーと農業で日本の未来を変える』

 

磐田市で防災協定を結んでいるソーラーシェアリング

 

昨年の夏、台風23号の影響で、
私たちが住む磐田市では、
停電が3日続いたところもありました。

当たり前にある電気が使えず、
冷蔵庫はストップ。
もちろん、調理もできない。
お米も炊けない。
コンビニからは見事に商品がなくなりました。

そんな時にこちらの施設では、
ご近所さんへ携帯電話の充電や、
炊飯器へ電気を供給し、お米を炊いていたそうです。

こんな設備が磐田市にもあるって、
嬉しいですよね。

ソーラーシェアリング推進します!

 

私たちは地域密着の電気工事店。

地元だからこそできること、
私たち地元の電気工事店
だからこそできることを一歩づつ
進めてまいります。

先日、見学に伺った千葉エコさんの素晴らしいソーラーシェアリング、
こんな設備が作れる様にまずは耕作放棄地や
管理が大変になってしまった農地を募集いたします!

 

【取材レポート】太陽光パネルの下でニンニクの収穫体験

 お問い合わせからご連絡ください

 

こんな活動、面白い!と応援してくださる方、
使えてない農地があるよ〜!という方。
ぜひぜひ、お問い合わせからご連絡くださいませ。

お問合せ・見積依頼

磐田市でも太陽光発電や蓄電池に補助金あり!早めの申請が必要です。

磐田市で太陽光発電を推進しているキタイ電気、クミエです。

先日、お客様より「磐田市は補助金ないの?」
ご質問をいただきました。

 

 

 

 

 

しっぺい ©️磐田市

 

磐田市にお住まいの方で、新しく家庭用の太陽光発電を
設置する予定の方が申請できる補助金、あります!

気になる補助金額は、
太陽光発電(10kW未満と家庭用蓄電池)は2万円、
住宅用熱利用システム、エコウィル、エネファームは1万円。

せっかく設置するなら、
この補助金はもらいたいですよね。

個人でも申請が簡単にできます。
事前にチェックしておくことをお勧めします。

磐田市へ補助金を申請する方法

令和元年5月7日から申請が始まった今年度の補助金の
申請に必要書類はこちらです。

  1. HPからダウンロードできるA4申請書1枚
  2. 機器名が明記された領収書または販売証明書
  3. 写真2枚(建物全体写真と機器写真)
  4. 自宅の場所が確認できる地図
  5. 設置機器の型番がわかる書類
  6. 中電からの「発電設備の連系に関するお知らせ」(太陽光のみ)
  7. HPからダウンロードできる請求書

設置後の申請となりますが、必要書類をスムーズに
揃えるためにも設置業者へ事前に補助金を申請したいと
ご相談しておきましょう。

予算には限りがあります!

令和元年のこちらの補助金予算はこちら↓

¥10,000,000円

太陽光発電(10kW未満)→補助金額 20,000円
それ以外は10,000円ですので、
目安として年内でしたら十分狙えると
予想しておりますが、早めの申請をお勧めします。

 

そのほかにも補助金があるの?

地方自治体の補助金以外にも
条件やタイミングが合えば申請できるものもあります。

こちらは、申請がややこしかったり、予算の割に申請が
殺到することが予想されます。

補助金を使って蓄電池を設置したいとお考えのかたは、
早めにご相談ください。