静岡県磐田市の災害時の情報収集方法とお役立ちグッズ

磐田市で太陽光発電を推進しているキタイ電気
クミエです。


台風前にイチジクを収穫しました

今年もとんでもない規模の台風が立て続けに日本を襲いました。

私たちが住む磐田市でも被害にあってしまったり、
停電になってしまったところも。

また、千葉県や長野県、東北地方でも大規模な水害が発生しました。

被害に遭われた方、またご家族やご友人が被災された方、
心よりお悔やみ申し上げます。

弊社でも、ソーラーシェアリングプロジェクトでお世話になっている
馬上さんご夫妻のアパート周辺が水没。

陸の孤島になってしまったそうで、お聞きしただけで
大変恐怖を感じました。

自然災害に備える

磐田市でも災害情報を発信するアプリやサイトが案内されています。

皆さんはどのように災害情報を入手されているでしょうか。
TV?ラジオ?インターネット??

今回は、オススメの災害時の情報収集と
補助金を使った災害対策についてまとめてみました。

災害時の情報収集方法

Yahoo!天気のアプリ

大手サイトのお天気情報なので、
雨雲レーダーで雨雲の接近をお知らせしてくれます。

また、アプリを起動していなくてもお知らせしてくれる
ウィジット対応で、台風の進路予測も通知してくれます。

Yahoo!防災情報

災害に応じた避難場所をプッシュ通知してくれるこちらのアプリ、
台風情報だけでなく、緊急地震速報も教えくれて、無料です。

ただ、データ通信規制がかかってしまうと
使えないという声もありました。

静岡県総合防災アプリ

10月17日に静岡県のHPに更新されたこちらのアプリ。
現在地の危険度がわかるってのは興味深いですよね!

ラジオ

ライフラインが途切れてしまった災害時にとても心つよい味方が
ラジオ。しかも、iphoneなど携帯電話も充電できるのはありがたいですよね。

普段使わないからと災害グッズから外してしまっている方も
多いかもしれませんが、
最近のラジオは優れものです。

一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

補助金でできる災害対策

先日、愛知県名古屋市で行われたPanasonic電材アドバイザー会で
こんなお話をお聞きしました。

築10年以上のお宅であるものを点検していないと通電したときの火災のリスクが上がる可能性があります。

え!!?
どういうことでしょうか。

分電盤を点検していないと、異常事態でも漏電ブレーカー働かないことがあります。故障でバチバチと火花が飛ぶこともあるんです。

地震や台風の強制的な停電からの復旧で気をつけなければならないのが
この通電火災です。

台風や地震は備えていても防ぎきれません。
この機会に分電盤を見直してみるのも大切ですね。

磐田市の補助金情報はこちらです。