静岡市で投資家さん夜の集まりに参加しました

磐田市で太陽光発電を推進しているキタイ電気、北井です。

春の雨、お天気がイマイチの様ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

日々の寒暖の差が大きく、体がついていけていない!

こんなときには、JAPANESE SOUL FOOD!!「おでん」ですね!!

静岡駅周辺には静岡おでんのお店が多く並んでいます。

でも、こんな照明カバー、初めて見ました(笑
メニュー表が目の前にあってこれは便利ですね。

不動産オーナーさんが注目していること

静岡県内外から集まった不動産オーナーさん10名ほどが
大集合し、それぞれがお持ちの案件について
情報交換しました。

  • 太陽光発電設備のセカンダリー取引
  • 不動産の駅周辺の新築案件
  • 中古戸建案件
  • 浜松市のベットタウン的な磐田市の安価な物件

副業で不動産活動を3年ほど前から取り組まれている
Wさんとお隣になり、私たちの地元である磐田市の
不動産に注目している!とホッとな情報を頂き嬉しくなりました。

太陽光発電用地と不動産用地

昨日驚いたのは、とにかく情報収集がすごいということです。
コネクションを活かして、その土地をどう生かすか。

立地や形状、そしてどうつかったら最大限に有効活用できるのか。

太陽光発電用地を探すときには

  1. 地目が雑種地または転用可能な農地
  2. 広すぎず、狭すぎず1000平方メートル以内
  3. 形状が整っている
  4. 日当たりがいい
  5. 近くに電柱がある
  6. ご近所さんが優しい

農地でシェアリングという案もありますが、
安価な雑種地が有利です。

詳しくはこちらの記事をチェックしてみてくださ。

「投資用太陽光発電システム用地探し」の基礎知識とトラブル事例

逆に、アパマンなど投資を進めている方にとっては、
このような土地は全く対象になりません。

面白いですね。

5月にもまた開催されるということで、
私ももう少しお勉強していきます。

 

 

 

 

 

関連記事

この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

カテゴリー

アーカイブ