算数の授業の割り算が難しかった理由〜自分で作った壁〜

静岡県磐田市で太陽光発電を推進している、キタイ電気、久美絵です。

本日、子供にこんな質問をされました。

「割り算の割られる数が30以上になると分からない」

なんで30なんだろう??

よくよく観察していたら、気づきました!
30以上が大きい数だと思っているのね!!

前途多難です(汗)

自分で決めている限界を見極める

では、こ〜んな大盛りラーメンはどう感じますか??

「美味しそうだけど、とても食べられそうにない。」

はい。大食ではない女性(または男性)ならそう感じますよね。

経験したことしか分からない!

これは、本日ご来社いただいたお客様から改めて
教えていただいたことです。

私たちは、知らず知らずのうちにキャパを決めてきます。

そして、そこからはみ出したものはキャパオーバーと
くくります。

そこに着目しました!!

重要なことには協力

自分にはわからない、できない、うけいれられない。
はじめからそうくくってしまうと、大きな波風がたってしまいます。

それは、自分本位の要素が強い時に特に大きく帰ってきます。

でも、それがお客様のためなら、また次世代の子供達のためと
目的がはっきりしていることに関しては、協力者が自然と集まります。

ここ1、2年で私が自分自身で改めて体験してまいりました。

私たちが今、声を大にしてお伝えしたい!

私たちの未来は、今とても重要な分岐点を迎えています。

国連広報センターのHPより

私たちがココにできることはかぎられています。

でも、こうして17のゴールを設けることで、多分野から
様々な意見があつまり、そして未来への議論が活発化します。

私たちキタイ電気もそんな活動に賛同する1人です。