12〜1月の電気料金がそろそろやってきます。

今日は久しぶりに雨の1日でした。
こんな寒い日には1日中エアコンはフル稼働です。

磐田市で再エネを推進しているキタイ電気
北井です。寒いのはとても苦手です。
でも、こんなに電気をつかっていたら、今月
一体どんな状況になっているのだろう。。。

気になったので、カテエネをのぞいてみました。

電気料金を見える化ってなあに?

毎月の電気使用量とや電気料金を昨年の同じ月と
比べられるので、使いすぎていないか
チェックすることができます。

やっぱり。。。
なんだか嫌な予感が当たってしまいました。

今月、明らかに使いすぎています。

「見える化」のポイントはその名の通り、
見える形でのこしておくこと!このグラフで
1年間の電気料金まるわかりです。(笑

カテエネの登録は5ステップです

 

 

まずはカテエネのぺーじへジャンプ!
「カテエネ」に登録する(無料)」をクリック

 

メールアドレスをお持ちの方は、こちらから
「簡単!メルアドのみで登録」ができるようになったそうです。

メールアドレスを入力し、そこへ届いた中部電力「カテエネ」の
メール内にあるアドレスから登録していきます。

これからの電気の使い方が予測できます。

お家の中の電気も見える化することができます。
その設備を『HEMS(ヘムス)』と言います。

太陽光発電がどれだけ活躍してくれているか
モニターでチェックしていただけるよう、
小さなTVのようなものをセットでご提案しています。

これを『HEMS』にも活用できるようになりました。
PanasonicのHEMSをサンプルとして我が社でも
活用しています。

見える化で電気の使い方がわかるようになると、
どの時間帯にどれだけの電気が必要か予測することができます。

予測できるようになるとどんな良いことがあるのでしょうか。
詳しくはまた後日に続きます。