「税金を払うだけの土地」見つけました! 太陽光発電向きかチェック♪

「土地」は財産ですが、使っていない「不要な土地」は財産と言えるのでしょうか。。。

今日は、お客様からこんなご相談を頂きました。

「結婚した時に家を建てるかもしれないからと
土地を買ったけど、20年間今日までそのままなんだよ。」

「税金ばかりでもう、あげたいくらいなんだけど、
ありがた迷惑かもしれないし。。。」

ご相談くださったのは、幼少期から大変お世話に
なっているご近所様。

これは、なんとかしなければ!!

早速場所を地図で検索してみました。

 

太陽光発電向きな土地の探し方

 

 

 

googleマップで現地を調べるときに私がチェックする5つのこと

  1. 山奥や道路がない場所ではないか。
  2. 影になりそうな建物はないか。
  3. 南側が空き地になっている場合、建物が建つ可能性はないか。
  4. 災害指定地域ではないか。
  5. 周りに大きな太陽光発電施設がないか。

今回調べてみたところ、1番と3番が該当しました。

①住宅地の真ん中なので、利便性は良さそうなのですが、
指定いただいた土地への進入路が極端に狭いそうです。

こうなると、隣地の地主様へ工事協力をお願いする必要があります。

工事車両が出入りできる経路を見つけなければいけません。

要現地調査ですね。

 

③南側は空き地となっており、もしかしたら将来、何かしら建物が
立ってしまう可能性があるかもしれません。

農地ナビを使って、まずはその土地が農地かどうかをチェック♪

ご相談くださった方は農地だろうと話しておりましたが、
調べてみた結果、どうやら農地以外になっているようです。

そうなると、税金面からご相談者様と同じ悩みをお持ちの
地主様が南側をお持ちかもしれません。

太陽光発電を設置して遊休地を有効活用したいという
ご相談は、全国的にも大変多いそうです。

納税は国民の義務ですが、収入がなければ納税は負担になるばかり。

太陽光発電を生かして「働く土地」に変えてみませんか。

磐田市の太陽光発電を推進するキタイ電気が応援します!!