ガソリン代がかからない電気自動車を実際に購入したら補助金がもらえた

磐田市で太陽光発電を推進しているキタイ電気、クミエです。

2018年の残すところ僅かとなりました。

1年を振り返ると、災害が多く、変化のおおきな一年だったと
感じられる方もおおいのではないでしょうか。

キタイ電気でも、様々な変化がございました。

その中でも今日は電気自動車購入の経緯と補助金についてまとめてみます。

電気自動車を買うと補助金が出る

私が日産を訪れたのは2018年のはじめでした。
かなり時間がたってしまいましたが、後編です(笑

確認したかったのは3点、

  • 補助金がでるのか
  • どのくらい走れるのか
  • 充電コストは高いのか

平成30年度の補助金は終了してもお得はつづく。。。

 

私がディーラーさんに突撃した2月も今と同じ補助金が終了した状態でした。

しかし、メーカーさんのご配慮で、補助金分をご負担
つまり、お値引きしてくださるとのことでした。

補助金が終了してしまったからといって、あきらめるのは
もったいないですね。

一般社団法人次世代自動車振興センターへの補助金申請に
ついては、ディーラーさんが大変ご丁寧に教えてくださいました。

1度の充電で400kmはなかなかむずかしい。

 

現在、社長が営業車として磐田市内を電気自動車で走り回っております。

加速は快適、静かで安全性も高いと満足度は上々なのですが。。。

走行距離400kmは現実的にかなり難しそうです。

高速道路など一定の速度でブレーキなく走り続けたら
可能かもしれませんが、
街乗りでは正直、300kmほどが妥当でしょう。
(社長の体験談)

充電コストは0円または2000円

ご家庭で充電をしない方は、お近くの充電スポットで充電します。

これは正直おどろきました。

点検項目が少ないため、車検が通常のガソリン車と比べて
安価とはおききしていましたが、
充電コストはかかってもたったの2000円がカード引き落とし
されるだけでした。

お家で高速充電をしたいならEV用パワーコンディショナ

ご家庭で充電したい。太陽光発電でつくった電気をそのまま車に充電したいと
お考えの方は、EV用(電気自動車用)パワーコンディショナが必要となります。

こちら、三菱ニチコンがあります。

どちらも非常時の災害対策や日頃の電気料金を賢く使える
優れものです。

展示会場で即決!納期は1〜2ヶ月ほど

今回お申し込みのタイミングは、ちょうど半期に一度行われる
展示会場でした。

成約特典も多く、ご担当者さんとのやりとりもとてもスムーズにできました。

カラーやオプション品、グレードなど丁寧にご説明いただき
弊社の場合は、1ヶ月ほどで納品となりました。

新車は、注文から時間がかかりますが、中古車市場も年度末にかけて
活発に動きそうですね。

特に、中古電気自動車の価格はとても魅力的です。
程度のよい中古車を見つけて電気自動車ライフとスタートさせるのもいいですね。