外出中に太陽光で発電した電気で家事が終わっている

静岡県磐田市で太陽光発電を推進しているキタイ電気、久美絵です。

いきなりですが、家事にどのくらい時間をかけていますか?

平成28年社会生活基本調査によると、平均で1日1.23時間、

女性のみの場合は、1日平均で2.24時間!も家事に使っているのが現状だそうです。

これは、年々減ってきており、平成23年と比較すると20分ほど短くなっていますが、それでも家事は私たちが家で過ごす時間の大きな割合を占めています。

http://www.stat.go.jp/data/shakai/2016/pdf/gaiyou2.pdf

家事時間を半分にする挑戦

 

どうにか家事時間を半分に減らせないものかと真剣に考えてみました。

  1. 家事人数を増やす
  2. 家事項目を減らす
  3. 外出時間に家事を済ませておく

3つの案が出てきました。

その1

まずは家事人数を増やすこれは、かなり期待できます!

子供や家族に家事を分担してもらうことで、
一人で済ませるつまらない家事時間が減り、
「ありがとう」と感謝を伝える機会も増えます!

ここにお小遣い制度を絡めてみることにしました(笑

ただ、初めての家事をお願いする際には一緒に
取り組んだり、説明する時間が必要となります。

ここはじっくり時間をかけて生活することの楽しさを育む
家庭力を育てることにも繋がってきますね。

その2

続いて家事項目を減らす

これは、単純に外食の機会を増やしてしまったり、
掃除機の回数を減らすなど金銭的、
衛生的にもあまり有効ではありません。

ハイブリット型生活を選ぶ方にはオススメですが、
とくにお子さんのいらっしゃるご家庭向けではありません。

以前、友人から「おトイレのフラッシュは男性のみ」

「お風呂は3日お湯をかえない」

という驚きの家庭ルールを聞いたことがあります。

節約も大切ですが、子供たちにはいつも清潔で
健やかに穏やかに過ごしてもらいたいですよね。

その3

最後は外出時間に家事を済ませておく!

これが家事時間短縮に最も有効だとわたしは感じています。

  • お出かけ前にご飯のスイッチオン
  • 洗濯機の全自動スイッチオン
  • お風呂のタイマー設定

これはおなじみのタイマーを活用した時短です。

先日展示会で驚いた家電活用方法はこのようなものでした。

  • 外出先からアプリで洗濯機のスイッチオン、洗剤も自動でいれてくれるから帰宅したらたたむだけ
  • お掃除ロボットが外出中に綺麗にお掃除完了
  • お野菜を入れておくだけで夕食の準備がおわっているクッカー
  • 晴れた日は0円、曇りや雨の日は夜のおトクな電気料金を自動で選んでお湯を沸かす
  • 外出中にも宅配物を受け取れるから再配達なし!

これはほんの一例です。

これが太陽光発電で創られた0円の電気できちゃうとは!
これはもう最高です!!

時間もお金も効率よくコントロールできる生活が
すでに始まっているんですね。