補助金でいざという時のために備える

磐田市で太陽光を推進しているキタイ電気、クミエです。

いよいよ台風シーズン到来ですね。

昨年、私たちの住む西武地方では台風による停電が2〜3日続き、
断水も発生しました。

 

磐田市で3日間停電になって困ったこと2018.09

 

こんな体験をしたことがなかったので、
大変驚き、あたりまえのようにある電気や
お水に感謝が生まれました。

この経験から、私たちはエネルギーの自給自足や
補助金を活用した蓄電池の導入を加速させなければいけない!と
主に介護施設への取り組みをはじめました。

避難所へ行けないなら介護者に情報と灯りを


私たちのお客様でグループホームを営むオーナー様が
いらっしゃいます。

私たちは施設の建設当時からお世話になっており、
オーナーさまはとてもフレンドリーに気軽に
電気のことなどをご相談くださいます。

そして、いざという時の為の備えにしたいと
屋根に太陽光発電を設置しようかとお話ししているときに
台風28号が私たちの磐田市を襲いました。

 

 

発電機を使うのも大雨の中、いつ入れたかわからないガソリンで
不安だったそうです。

入居者様の安全が第一!避難所へ逃げることもできない。
ここで、安心して情報と灯りが取れる設備が必要だと
強く感じたそうです。

国の補助金を活用して停電に備えた安全な施設に

 

令和元年の夏も各地でゲリラ豪雨や突風、
激しい雷が発生しています。

停電が発生したり、大雨で避難が困難な時にも
なるべくご自宅で安全に過ごせるって
大切ですよね。

電気のことは地元密着の電気工事店にご相談ください。
最大で蓄電池の価格の1/3や工事費の2/3が補助されます。

すでに浜松市内、磐田市内の複数の介護施設から
複数ご依頼いただいております。

ご興味のある方はお早めにこちらからお問い合わせください。

 

ソーラーシェアリング推進連盟の1周年記念イベントに参加


磐田市で太陽光発電を推進しているキタイ電気、クミエです。

磐田市は梅雨に入り、しとしと雨が続いております。

こんな時期、畑や田んぼは、草は生えるし、ほっておいて
育つわけではない。
農業って本当に大変なお仕事ですよね。

農家さん、ありがとうございます。

そんな日々自然農法を推進している農家さんから
国の中枢で戦う方々まで。

幅広く集まる、ソーラーシェアリング推進連盟
1周年記念イベントに参加してきました。

その様子はこちら↓

今日は渋谷のLOFT9で、ソーラーシェアリング推進連盟1周年記念シンポジウムでした。環境省・農林水産省・資源エネルギー庁からの来賓講演、実践者の方々のプレゼン、徳江さん・Yaeさん・大石さん・吉原さんと馬上のトークセッションなど、濃密な…

Takeshi Magamiさんの投稿 2019年6月6日木曜日

https://www.chiba-eco.co.jp/?p=2436

おしゃれなライブハウスが会場なので、
間違えたかと思ってうろうろしてしまいました。

普段は会議室や展示場での発表なので、
こんな素敵なライブハウスでのお仕事はルンルンです♪

まずは、ご来賓の方々のご挨拶から。
環境省、農林水産省、経済産業省資源エネルギー庁の
方々の基調講演。

 

 

各省庁から注目されているソーラーシェアリングは
これからの農業のスタンダートになるのでしょう。

 

韓国でも、2023年までに3.2GWの営農型太陽光発電
(ソーラーシェアリング)の導入目標が掲げられました。

私たち日本のソーラーシェアリングの導入目標は
発表されておりません。ただ、

パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略

では、営農型太陽光発電について次のように触れられていました。

地域が主体となった導入により地域コミュニティの維持強化にも資する

これは、私たち地域密着の電気工事店の出番です♪

全国から集まった成功事例

 

すでに営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)を導入し、
太陽光を農業と発電で分け合う成功事例がいくつか発表されました。

実際のところ、農業のお財布事情は私たちには見えません。

実際に農家さんのお話をお聞きし、
懸命に働き、収入がそれに見合わない。
そんな現状があることを学びました。

こちらの農家さん、毎年40万円ほど年金などから
補填し、農業を続けてきたそうです。

広大な農地の一部にソーラーシェアリングを設置したことで、
バランスがよくなり、健全な事業運営ができるようになったと
お話くださいました。

また、千葉県匝瑳市のソーラーシェアリングの事例は
夢が広がるプランでした。

地域とつながることで雇用がうまれ、
自治会の災害対策や子供たちのエネルギー教育の場として
活用されていました。

 

最後にトークセッション形式でYaeさんが登場!

 

農業に対する熱い思いを語ってくださいました。

 

とにかく美しいだけでなく、気持ちのいいお方。
こだわり抜いた農法で大切に育てているお野菜を
私も頂いてみたいなぁ。

盛り上がったのでそのままの流れで、
城南信用金庫の元顧問、吉原理事、
みんな電力の大石社長、千葉エコ代表で
シェアリング推進連盟代表理事の馬上さんが
合流され、もう面白すぎるディスカッションとなりました。

懇親会でとても優しい  Yaeさんと一緒に。

徳島から吉村さんもいらしていました。(暗くてごめんなさい)

地産地消のエネルギーで循環する地域社会を形成する
こんな素晴らしい考え方を応援していきます。

私たちの地元磐田市でもこんな素晴らしいプロジェクトを、
SDGs持続可能な社会のための活動を推進していきたいですね。

 

 

 

磐田市でも太陽光発電や蓄電池に補助金あり!早めの申請が必要です。

磐田市で太陽光発電を推進しているキタイ電気、クミエです。

先日、お客様より「磐田市は補助金ないの?」
ご質問をいただきました。

 

 

 

 

 

しっぺい ©️磐田市

 

磐田市にお住まいの方で、新しく家庭用の太陽光発電を
設置する予定の方が申請できる補助金、あります!

気になる補助金額は、
太陽光発電(10kW未満と家庭用蓄電池)は2万円、
住宅用熱利用システム、エコウィル、エネファームは1万円。

せっかく設置するなら、
この補助金はもらいたいですよね。

個人でも申請が簡単にできます。
事前にチェックしておくことをお勧めします。

磐田市へ補助金を申請する方法

令和元年5月7日から申請が始まった今年度の補助金の
申請に必要書類はこちらです。

  1. HPからダウンロードできるA4申請書1枚
  2. 機器名が明記された領収書または販売証明書
  3. 写真2枚(建物全体写真と機器写真)
  4. 自宅の場所が確認できる地図
  5. 設置機器の型番がわかる書類
  6. 中電からの「発電設備の連系に関するお知らせ」(太陽光のみ)
  7. HPからダウンロードできる請求書

設置後の申請となりますが、必要書類をスムーズに
揃えるためにも設置業者へ事前に補助金を申請したいと
ご相談しておきましょう。

予算には限りがあります!

令和元年のこちらの補助金予算はこちら↓

¥10,000,000円

太陽光発電(10kW未満)→補助金額 20,000円
それ以外は10,000円ですので、
目安として年内でしたら十分狙えると
予想しておりますが、早めの申請をお勧めします。

 

そのほかにも補助金があるの?

地方自治体の補助金以外にも
条件やタイミングが合えば申請できるものもあります。

こちらは、申請がややこしかったり、予算の割に申請が
殺到することが予想されます。

補助金を使って蓄電池を設置したいとお考えのかたは、
早めにご相談ください。

 

もうすぐ梅雨シーズン!お天気アプリを使ってみたい

磐田市で太陽光発電を推進するキタイ電気、クミエです。
先週は静岡県でも雹がふったり、晴れたり曇ったり。

最近、お天気情報はどうチェックしていますか??

私もまだ使ったことがなかったので、
人気のお天気アプリを検索してみました。

お天気アプリを活用したい

 

気温と雨雲がわかるお天気アプリ
yahooお天気とならんで、シンプルに使えて
人気が高いようです。

また、雨が降るまえにお知らせが届く
カエルのアイコンが可愛い
あめふるコールも人気です。

これから梅雨の季節に突入する前に、
事前に雨情報をチェックできるように準備しておくのも
いいですよね。

今回、私もはじめて雨雲の動きがリアルタイムでみえる
アメフリというアプリを使ってみようと思います。

130分前から50分後までの雨雲の様子がチェックできるのは
面白いですね。

事前情報をキャッチして、
災害に備えるのは大切ですよね。

事前に必要な災害対策を

 

昨年、静岡県西部を中心に大きな被害を受けた
台風では、最長で3日以上の停電となりました。

電気工事店としてご提案できる災害対策は
色々ありますが、まずはご家庭でご家族と
お金がかからずにできることからやっておこうと
災害対策について調べてみました。

 

静岡県のHPで災害お役立ちガイドブックをダウンロード
することができます。

最近の異常気象をみていると、私たちができることって
事前準備が大切ですね。

 

 

あの日から丸8年「忘れてはいけない」今を生きる私たちの責任

磐田市で太陽光発電を推進しているキタイ電気、クミエです。

東日本大震災から丸8年。

ドイツをはじめとする世界の原発推進国の中には、
「あの日本が。。。想像を絶する事態となった」と
勇気を持って次世代を生きる子供たちのために
再エネ100%へ方向転換した国があります。

この日を迎えるたびに「忘れてないけない」
TVやラジオや新聞やネットで伝えられる当時の映像や写真を
みながら、昨年おとづれた飯館村のことを思い出していました。

 

震災を体験した私たちが「忘れてはいけない」こと

 

 

福島県飯館村で復興と再生をめざし、
地域で住民の尊厳を守ろう!と太陽光発電を推進している
飯館電力さんのお話を伺う機会がありました。

 

これこそが「忘れてないけない」生かされた私たちの責任だと感じました。

 

これからの未来を生きる子供たちからのメッセージ

 

グレタ・トゥーンベリさん(スウェーデン)によるCOP24(気候変動枠組条約第24回締約国会議)でのスピーチ(2018年12月12日)

ポーランドのカトヴィツェで開催された #COP24(#気候変動枠組条約 第24回締約国会議 – 2018年12月開催)で、世界の注目を集めたスウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥーンベリさん Greta Thunberg(当時15歳)による スピーチ を日本語字幕化をしました。

国連広報センター (UNIC Tokyo)さんの投稿 2019年2月7日木曜日

*以下引用

ポーランドのカトヴィツェで開催された
#COP24#気候変動枠組条約
第24回締約国会議 – 2018年12月開催)で、
世界の注目を集めたスウェーデンの環境活動家、
グレタ・トゥーンベリさん Greta Thunberg(当時15歳)による
スピーチ を日本語字幕化をしました。

*引用終わり

彼女が後期高齢者と呼ばれる年齢になるころ、
日本はどの様な国になっているのでしょう。

99%の確率で直下型の関東大震災が起こるといわれている
地震大国日本で、これからのエネルギー政策に未だに
同じ間違いを引き起こしてしまうであろう、
原子力発電が含まれていることに疑問を感じずにはいられません。

では、どうしたら私たちの気持ちが日本中に
そして世界に広まるのか、そして新しいエネルギー源が
普及していくのかを考えました。

やはり、私たちは磐田市のすべての屋根に太陽光発電を!
これを一歩一歩、真剣に取り組んでまいります。